トラックバック、リンクは自由。報告も自由です。

<< ブログ全体の大きさを変えてみよう! 文字を変えてみよう! >>
 
はじめてのDVDソフト
THE WIZARD OF OZ へのトラックバック (て書くの? おれ初心者)


 おれがDVDプレイヤーでもあるプレステ2を買ったのは一昨年の12月。クリスマス前だったなあ。
 自動洗浄の便座を買うか、PS2を買うか、ひじょーに迷っていた。

 ある日、出勤前、遅刻気味なので走っていると、駅前の電気屋の店頭に、自動洗浄の便座が並んでいて、そのひとつを見ると。



特価!! ¥13,900ー




 とういう値札が・・・・。
 いつもは2万円台半ばしていた便座(チェック済み)・・・・・。




りょ、両方買える!





 この額なら、予算的にPS2と両方買えるのだ。

 おれは仕事が終わると、大きなゲーム関係のチェーン店に行き、当時プレステいち押しの「ラチェット&クランク」付きのPS2を買った。ちなみにラチェットは面白かった。

 おれは早くゲームをやりたかったので、一目散に自分のアパートに向かった。
 駅前の電気屋はまだ開いていた。
 「このいきおいで便座も買ってしまおうか」
 と思ったかどーか、いまとなっては定かでないが、ハイな気分と共に、電気屋の店頭へと近づくと、






¥139,000ー






ん?







¥139,000ー






へ?







¥139,000ー






ケ、ケタがちがう・・・・







 そう、「超高級便座」が特価だったのである。よくみると、おれが目をつけていた2万円台半ばの便座の値段は変わっていない。ゼロひとつ見間違えたのだ! (電気屋に行って確かめるといい。便座の値段の幅に驚愕まちがいない!)。

 これでおれの自動洗浄プロジェクトはPS2と引きかえに幻に終わった。

 あれから、一年以上たつが、ゲームソフトは置いといて、DVDソフトは、ひじょーに少ない。
 いま、これを書くため手元にあるが、4本である。

 はじめて買ったのは、音楽的におれの師匠で、人生を大きく狂わせていただいた ポール・サイモンYou're the One in Concert from Paris 。大ファンなので文句なし。

 2本目は、以前レンタルで見て、熱狂的なファンになったパルプ・フィクション。タランチーノが監督だ。

 この映画、おれの歴代ベスト10確実なのだが、2001年に全米(世界?)の批評家たちの前世紀の映画ベスト100を選ぶみたいな投票で、並みいる名画、「市民ケーン」「スミス都へいく」「風と共に去りぬ」などと共に、上位(たしか一桁)にランクされているのには驚いた(うろ覚え、すまん)。「おれはまちがってなかった」と感慨ひとしおだった。ちなみにこの映画、残酷シーンてんこ盛りなので、苦手なひとはパスが吉。

 3本目は書けない。

 4本目も書けない。

 以上である。

 

 
[PR]
by bravo650 | 2004-03-17 22:21 | 雑記
<< ブログ全体の大きさを変えてみよう! 文字を変えてみよう! >>