トラックバック、リンクは自由。報告も自由です。

 
カテゴリ:岡本選手アテネ派遣問題( 6 )
テコンドー岡本依子選手アテネ参加決定によせて
今回、おれのアピールにコメントしてくれたみなさん、トラックバックしてくれたみなさん、JOCにメールを送ってくれたみなさん、


ありがとうございました <(_ _)>




【関連記事】

テコンドー選手、岡本依子さんをオリンピックへ!
テコンドー選手岡本依子さん、アテネ五輪赤信号!
テコンドー岡本依子選手アテネ五輪派遣問題
五輪寓話
JOCにメールしよう!! 岡本選手アテネ派遣問題




【派遣決定】

テコンドー岡本、アテネに個人参加…JOC手続きへ YOMIURI ON-LINE 2004年4月5日


竹田恒和・JOC会長「岡本選手に関してはJOC独自の判断として派遣させる意思を決定した。あくまでも特例措置として個人資格での派遣となる。IOCなどの承認を得られるよう事務手続きを進めたい」


シドニー五輪女子銅メダリスト、テコンドー岡本依子(よりこ)選手のオリンピック参加が決定的ななったようだ。まずは


めでたい

よかった




しかしこれは当たり前のことで、何故当たり前のことが当たり前でなくなろうとしたか、問題を整理しなければならない。


【テコンドーの代表団体問題】

マスコミは、この問題に論点を集中させようとした。その結果、全日本テコンドー協会と日本テコンドー連合との代表団体権争いが、一番の問題であるとの解釈が世間になされていたみたいだ。

しかし、おれはこの問題にまったく興味がない。誰だって経験があるはずだ、「コイツには絶対譲れない」と思うことが。それがたまたま、テコンドー団体で起こったまでだ。その問題に首を突っ込み仲直りさせようなどとは、あまりにも幼稚で大人気ない考えだ。ほっとけばいいのである。

しかし、今回は岡本選手のオリンピック代表権が絡んだので何とかしなくてはならなくなった。

どうしたらいいか。
簡単だ。JOCが岡本選手を代表として認定したらいいだけだ。

結果そうなったわけであるが、その判断が遅れたのは、会長の退陣問題にまで発展してよいほどの過失だ。

また、なぜ団体を一本化しなければならないのかがわからない。要は公平に代表を選出できれば団体はいくつあっても構わないわけだ。むしろ複数の団体があったほうが五輪代表の選考方法にチェックがはいりより公平な方向に向かうことも考えられる。過去、女子水泳、女子バレーなど、代表の選考方法に実力以外の何かが介在したと見られる例もあったしな。

ここらへん、JOC、あるいはIOCの権威主義的なところが表れているような気がする。ついでに書くが、今はどーかしらないけど、以前までIOCは、サマランチ元会長個人の利益団体の感が強かった。ロサンジェルスオリンピックではじめて企業と提携し大儲けしたことに味をしめ、己の利益第一に走ってノーギャラのアスリートを食い物にするロクでもない団体だったわけだ。そのような団体の下部組織であるJOCにはあまり期待しないほうがいいかも知れない。



【JOCの問題】

テコンドー岡本依子選手アテネ五輪派遣問題でおれが書いたように、千葉すず水泳選手のシドニーオリンピック出場を不当な理由で阻止した品性怪しげな、古橋廣之進と林務が、それぞれJOC顧問とJOC専務理事を勤めているという問題。

JOCは、今回オリンピック憲章を盾に、岡本選手の個人資格でのアテネ派遣を渋ったわけであるが、なんのことはない、この団体、自らの利益のためには簡単に憲章を踏みにじる団体なのだ。

JOC役員に有給制の導入を決定 asahi.com 2003年5月1日


日本オリンピック委員会(JOC)は1日の理事会で、今年度から非常勤のJOC役員に報酬を支払うことを決めた。対象は会長と専務理事、会長が指名する常勤の理事など。竹田恒和会長に年間1500万円以上、林務専務理事にはその半額程度を払う方針だ。非常勤役員に対する報酬の導入は初めて。
(中略 bravo)
国際オリンピック委員会が定める五輪憲章では「専従者を除いて各国五輪委の委員は報酬を受け取ってはならない」とあるため、名目上は日当の増額で対応する。

この記事は客観評価に徹していて分かりにくいのだが、要は、非常勤の人間には報酬を与えてはならんと憲章に書かれてあるのに、報酬を払うと決めた、という内容だ。堂々と五輪憲章を破ったわけだ。

ちなみに、この記事は、おれがJOCの問題を、予算の面から検索をかけている時に見つけた。この団体、ウラに汚い金が動いてるのでは、と推測したからだ。国会審議のやりとりなど出てきて面白かったのだが、残念ながら予算に関しては重要な情報を得られなかった。おれは検索が下手なので、うまいひとが時間を掛ければ、PCの前にいるだけで、JOCの実態に迫れるかもしれない。


【マスコミの問題】

ほとんどのマスコミは営利団体である。自らの首を絞める報道はしない。だから今回もJOCに批判的な論調はなく、客観報道になっていた。JOCに楯突くとオリンピック取材に支障をきたすからだ。
JOC内にはマスコミの報道をチェックする部門がる。

オリンピック記事を“検閲”する営利組織って何だ? サイゾー2000年10月号掲載


雑誌の記事などでオリンピックを扱う場合、メディアからの相談に応じてくれる広報的な窓口がJOMである。が、そこは同時に、メディアに対して、あーだこーだと記事内容の問題箇所を指摘(JOMは「アドバイス」という)をし、修正を迫る“検閲”機関でもあるのだ。


これは、マスコミにはあまり罪のないことと思う。「マスコミは真実を報道する」「マスコミはいかなる権力からも自由だ」とのマスコミ自身の宣伝を鵜呑みにする受け手がわるいだけだ。マスコミはウソは書かないが、「報道しない」ことや「重点的に報道する」ことで、ウソに限りなく近いことをする場合がある。これを理解している人間がどれくらいいるか、疑問だ。

まあ、マスコミにすべてを頼るのはやめよう、てことかな。インターネットっていう一般人でも情報を発信できる手段を手いれたわけだし、検索によりマスコミが取り上げにくい情報も入手できるケースもあるしな。


【文部科学省】

河村建夫文部科学相がJOCと、対立するテコンドー2団体に、岡本選手出場を「お願い」した。ネットを廻覧していると、もっと強固に指導すればいいのにとの意見も見られたが、介入はどうかな、と思う。昔、モスクワ五輪「ボイコット」にJOCが参加したとき、なぜJOCは国の支持に従うのか。独立した存在ではないのか。国は介入すべきでない。そしてそれがオリンピックの基本理念では、との声がマスコミからも漏れたはずだ。情況が変わるたびに意見を変えてはならない。ま、これもマスコミの常套だし、受け手側にも同じことが言える。


【市民運動】

今回、岡本選手の両親が9万人の署名を集めたことが報道で大きく取り上げられ、それがJOCを動かす大きなチカラとなった。数が集れば、マスコミも権力も動く可能性があるということがまたも実証されたわけで、これからの社会に希望を与えることでもある。


【まとめ】

よーするに、「問題の本質を考えない」、「責任は弱いやつに持っていく」、といういつものマスコミのやり方、またその「受け手」もそれでよしとし日常に埋没するという、今を時めく「鳥インフルエンザ、浅田農産隠蔽事件」と同じようないつもの曖昧さで幕が引かれるのであろーが、おれ的にはJOCの誰かが責任をとって欲しいな。てか、古橋廣之進と林務、


おまえらいらね


[PR]
by bravo650 | 2004-04-05 23:12 | 岡本選手アテネ派遣問題
JOCにメールしよう!! 岡本選手アテネ派遣問題
またJOCにメールを入れた。今度は責任問題にも触れてみた。
ここへのメールは、アドレス、本文だけで送信可能。
下記の文をコピペしてもいいから、メール送ってくれ。
用は「数」だからね。

JOC   メール



Bravo です
テコンドー岡本依子選手をオリンピックに参加させてあげてください。団体の分裂云々に関わらず、JOC独自の判断で個人参加を認めるよう、切にお願いします。また、参加が不可になった場合、わたしはJOCに責任があると認識いたします。以上、よろしくお願いします。

[PR]
by bravo650 | 2004-04-02 19:04 | 岡本選手アテネ派遣問題
五輪寓話

 大人の男がふたり包丁を手に取り、喧嘩をしています。
 そのそばで女の子が喧嘩に巻き込まれ、重症を負っています。
 女の子のお父さんやお母さんが、
 「娘を助けて」
 と叫んでいます。
 野次馬からは、喧嘩をやめろ、誰か女の子を助けろ、という声が口ぐちにあがります。
 それを遠巻きに見ながら、ニヤニヤと医者が笑っています。
 野次馬のひとりが医者に言います。
 「あの子を助けてやってくれよ」
 医者は、ニヤニヤ笑いを続けたまま答えます。
 「あの二人が仲直りをしてくれたら助けてあげてもいいんですが」
 「怪我してるんだよっ」
 「助けてあげたいのですが、“きまり”なんです」
 その野次馬は、
 「何のんきなこと言ってるんだろう」
 と思いましたが、かかりつけの医者なので、それ以上は言えません。
 女の子からの血が、みるみる地面に広がっていきます。
 医者は血が上等な靴に触れないところに立ち、ニヤニヤと笑いながら二人の喧嘩と女の子を眺めています。
[PR]
by bravo650 | 2004-04-02 13:09 | 岡本選手アテネ派遣問題
テコンドー岡本依子選手アテネ五輪派遣問題
関連記事。
テコンドー選手、岡本依子さんをオリンピックへ!
テコンドー選手岡本依子さん、アテネ五輪赤信号!
天声手帳
スポコン テコンドーの岡本依子、タイムアップ?

■ P.M. 4:00に、JOCの記者会見があった。


2004年4月1日付 Sankei Web より引用。


このためJOCは、現状では「選手派遣は断念」との見解を示した。一方でJOCは、女子67キロ以上級で五輪出場枠を獲得したシドニー五輪の銅メダリスト、岡本依子選手(ルネスかなざわ)の派遣を求める声にも配慮。両団体に再度、一本化の努力を求めるとともに、個人参加などの形で岡本選手をアテネに参加させる方策を模索することにした。


■ 日本テレビ「ニュースプラス1」より。


  • JOC (日本オリンピック委員会)、林務専務理事の記者会見の映像が流れる。

  • 岡本選手出場のため、4月28日をリミットに両団体の一本化を再要請

  • もしくは団体を解散。個人でエントリー(意味わからん。bravo)

  • JOCとしては、参加できる道をこれから検討する

  • 林専務理事、ニヤニヤ笑いながら岡本選手を「オカモト」と呼び捨て数回。

  • 2団体代表の映像。両者、歩み寄りはありえないとのアナウンス

  • 岡本選手へのインタビュー(実況)。極めて冷静、終始笑顔。「明日から韓国へ練習に行きます」。あまりにものんびりした様子にアナウンサーが2団体へのメッセージを催促し、「伝えたいことはわかって貰ってると思います」。アナウンサー、焦ってる様子で「何かないですか?」。岡本選手、落ち着いて「行かせてください」

■ JOCの役員数(会長含)、28名。平均年齢66歳(小数点以下四捨五入。2004年4月1日現在。JOC 会長の略歴・役員リスト より)。



■ ニヤニヤ笑いながら岡本選手を「オカモト」と呼び捨てにしたJOC林務専務理事をGoogleで検索する。以下、検索結果。

鳥越俊太郎の「あのくさ こればい!」157回 2000年6月8日

トリックスター千葉すず礼賛(1) 文責 滝丸 一兵 2000年7月1日

NUMBER「千葉すずを五輪代表から外した日本水泳会への疑問」 生島淳著 日付無し



■ 林務 ・・・・ なんだコイツ。千葉すずさんを葬った古橋廣之進とグルになってた奴じゃね~か。まだのさばっていたのか。



■ 以下2名、判決を下す。

古橋廣之進 JOC顧問
ふるはし・ひろのしん◎1928年9月生まれ。元JOC会長、(財)日本水泳連盟名誉会長、国際大学スポーツ連盟(FISU)副会長、国際水泳連盟副会長、アジア水泳連盟会長、第25回(1992/バルセロナ)・第26回(1996/アトランタ)オリンピック競技大会日本代表選手団団長、IOCオリンピックオーダー受章(1995)、アジアオリンピック評議会(OCA)功労章受章(1996)。


林務 JOC専務理事
はやし・つとむ◎1936年12月生まれ。(財)日本水泳連盟副会長、第12回アジア競技大会(1994/広島)日本代表選手団本部役員、会社役員





【 罪状 】 トップアスリートへの虐待行為。千葉すず元水泳選手を不当な理由でオリンピックの出場選手枠から外した。テコンドー所轄団体の紛争を利用してJOCの権威を示そうとした結果、シドニーオリンピック銅メダリスト、アテネオリンピック代表権獲得のテコンドー岡本依子選手に著しい精神的苦痛を与えた。


 【 精神鑑定結果 】 若者に対する異常なまでの嫉妬心。異常なまでの自己顕示欲と権力欲。若い女性に対する屈折した感情。両被告は以上を有するものと認められる。


 【 判決 】 古橋廣之進、林務の両被告人を、JOCからの永久追放。及び、日本国内の各スポーツ団体への関与を永久に禁止する。但し、古橋廣之進は競泳で千葉すず元水泳選手に、林務はテコンドーで岡本依子選手に勝利した場合は罪を免ずる。


 【 傍聴人への要請 】 この判決をトラックバックするなり紹介するなり、たくさんのひとに広めてください。




以上を以て判決とし、本法廷を閉廷する。


[PR]
by bravo650 | 2004-04-01 19:58 | 岡本選手アテネ派遣問題
テコンドー選手岡本依子さん、アテネ五輪赤信号!
テコンドー選手、岡本依子さんをオリンピックへ!
テコンドー岡本五輪出場へ父親が署名提出
スポコン 日本テコンドー協会と岡本依子
mbs.jp 憤懣!テコンドー団体分裂


2004年3月31日 追記


タイムリミットは今日の午後6時。





う~ん、テコンドー67kg級・シドニーオリンピック銅メダリスト.岡本依子(よりこ)さん、アテネ五輪赤信号と、今TVのニュース。

JOC に、アテネオリンピック出場要請の メール 、出そう!
おれも追加で出す。
この問題、おれはよく知らんが、要約するとこうみたい。


  • 全日本テコンドー協会と日本テコンドー連合は仲わるい

  • 岡本依子さんはアテネへの資格とったみたい

  • 全日本テコンドー協会は出場 ok

  • 日本テコンドー協会はno

  • 日本オリンピック協会(joc)は2つの組織を統一し、JOC傘下に入らなければ、no

  • jocが出したタイムリミットは3月いっぱい



おれは正義がどこにあるかわからない。
でも、もったいないんでないの? 
あと、なんか、この国のスポーツ団体の上層部の判断て、気持ちイイのがないね。

関係ないけど、イアンソープ、どぽん、て。それでオリンピックおわりって・・・・。
岡本直子も、飯食わずに走って、途中でバテてオリンピックおわり・・・・。

おれは高校のころボトムアスリートだったんだけど、昼飯にカレー食い終えたとたんコール。試合はじめたら横腹が痛くなり試合どころじゃなくなった。で、反則すれすれの遅延行為。頻繁にタオルで汗ふいたり緩んでいない靴紐締めなおしたり。結局、勝った。相手が格下だからって油断してたんだねえ。なぜか昼飯は握り飯がいちばんよかったな。試合の日は。
[PR]
by bravo650 | 2004-03-30 18:29 | 岡本選手アテネ派遣問題
テコンドー選手、岡本依子さんをオリンピックへ!
テコンドー、オリンピック参加、微妙。
記事 署名運動 スポコンの記事

JOCメール 、たくさん集れば、出れるかも。

ちなみに、このニュース、さっき知った。テコンドー、まったく興味なしw
岡本依子さんとの接点も、関西人て、ことくらいw

でもね、かわいそ過ぎるよね。
以下、送っためーる。
メールアドレスと本文だけ書けば、OK。
みんなも、どう? リミットは30日。


Bravo です
はじめまして。
TVの報道で見ました!
テコンドー選手のオリンピック参加を最優先させてください!
お願いします!

[PR]
by bravo650 | 2004-03-23 00:35 | 岡本選手アテネ派遣問題